So-net無料ブログ作成

菅平高原スキー場 [09-10]

昨年3月のクラウン検定以来の菅平。
いつもここを素通りして峰の原に行ってました。

今日の目的はプライズテストの見学。

1週間前にやったら好条件だったんでしょうけど
今日も昨日に引き続き、雪と霧が舞い、グサグサ雪のあいにくのコンディション。
他のスキー場もこんな感じが多かったんじゃないでしょうか。

使用バーンはいつもどおり。
ナチュラル種目は表太郎
フリー、不大は天狗
不小は左太郎。

今年から始まった県連からの派遣検定員は竹村、宮下透の両氏。
派遣って言ってもバリバリの菅平の人じゃん。
戸狩や黒姫もそうでしたが。

バーンは夜から降り続くやわらかい雪のためすぐに荒れてしまうので
頻繁に受験生によるコース整備が行われました。
PA0_0066.JPG

宮下氏がジャッジをする表太郎、左太郎の種目はすべて彼が前走。
素晴らしい!
ベテランぶらないで自らやるなんて、しかも笑顔で楽しそうでした。

滑りは元デモなので当然うまい。
迫ってくる感が強く気づいたらもう降りてきちゃったって感じでした。
いいもの見せてもらいました。
この前走の後、すぐクラウンから始まるので比較ができて良かったです。

それにしてもあんな雪の中、ガンガンスピードを出している人が多くビックリしました。
アドレナリンでまくりなんでしょうね。
風雪で背中を丸めながら観戦していた私との温度差はかなりありました。

最終種目は左太郎のコブ。
この種目だけ晴れました。
PA0_0065.JPG
デラがけや練習やらで開始まで少々時間がかかりました。

真ん中に大きなスパンのラインが一つ。
前走の宮下氏はあえて入らずモサモサの雪の中を滑ってました。
もう一人の前走はライン侵入。
うまいんで簡単そうに見えますが転倒する人が何人かいました。
私も1ヶ月前の検定でダイブしたんで悔しさよく分かります。

検定後、そのラインに入ってみましたがびびりさえしなければ結構いける。
ただ下からは見えませんが途中三箇所ほどひどいブッシュ。
腹くくって踏み潰すか、バンクの高いところに逃げるか。
両方やってみましたが私には前者が向いてました。

クラウン終了が12時。
発表は15時。
おっそー!

それまで休憩しながら滑っていましたが基本ガス。
PA0_0064.JPG
青空がうっすら見えることもありましたが気が滅入ります。

さて、15時。
クラウン1/9、テクニカル7/42。
間違っていたらすみません。

クラウン合格の方はフラットで。
あんまり覚えていないんですが安定感が一番だったように思います。
おめでとうございます。うらやましい。すごい。
こんな状況で受かったんですから本当にうまい方なんでしょう。

1ヵ月後の自分の番で気をつけること。
スペースですね。
特に落差。

明日から励もう!


ポチ、サンキューです。
banner_21.gif


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます