So-net無料ブログ作成

どうでもいいですよ [12-13]

久しぶりに明るいうちに帰ってきて
時間に余裕があるので再び更新。

スキー7年目にして初のポールを経験したわけですが
外足をあんなに踏ん張ったのって初めてでした。
なんかスポーツを感じました。

ああいう力のかけ方?かかり方?ってあるんだ。
これまでのゲレンデちんたらスキーでは味わえない感覚でした。
あんな力のかけ方、基礎スキーでも使えんのかな。
どうなんだろ。

とかなんとか考えていると明日からのスキーが待ち遠しいです。
来週末もポールレッスン受けちゃお。
っと、その前に志賀で修旅。

もうシーズン中盤。
12月に戻りたい。


締まってます 菅平高原スキー場 40 [12-13]

奥ダボス着、9時。
晴れ。
気温マイナス6℃。
風はちょいと強め。

なぜ奥ダボかというと
2日連続でポールレッスンを受講するため。
ポールデビューの昨日は濃霧に見舞われ残念でした。
今日は天気が良いもののバーンにはコロコロが。
このレッスンの後、太郎エリアに移動しましたが
そこにはまったくありませんでした。
残念。
デビュー2日目の私には少々難しいコンディションか。

とは言え、行くしかない。
コーチの国体チャンピオンのアドバイスを胸に秘めスタートするも
なかなか思い通りにいかない。
が、悪戦苦闘、試行錯誤な感じがたまらない。
あっという間の2時間。
130203_1122~01.jpg
もっと滑りたかった~。

終了後、すぐに左太郎に移動。
130203_1316~01.jpg
コブが硬くて、左太郎らしくなってきましたが
ラインが下まで開通していて例年のような不規則感がないので
滑りやすいです。
左、中央、右のラインを2本ずつ滑り撤退。
積極的休養。

この週末は都連がお越し。
みんな格好良いウェアを着て
最新のトップモデルで武装してます。
この方たちが基礎スキーマーケットを支えているのだと
強く感じました。合掌。

13時半に帰る頃のファミリー
130203_1345~01.jpg
ここに限らず、ただ今の菅平、締まっていて
菅平らしいコンディションです。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。